査読のある論文、査読のある学会紀要論文

東淳一:言語使用域と米語のプロソディ―イントネーションと休止を中心として,はくぼく 16,神戸,67-78, 1978.3.

東淳一:マザーグース・ メロディと歌詞のプロソディをめぐって, 語法研究と英語教育1, 山口書店, 京都, 61-74, 1979.2.

東淳一:英語アチーブメントテストの分析. はくぼく 21,兵庫県高等学校教育研究会英語部会, 神戸,65-76, 1988.3.

東淳一:統語的あいまい文の理解においてF0とポーズが果たす役割―近畿方言を素材として, 日本音声学会会報191, 日本音声学会, 1-5, 1989.8.

Tsukuma, Yoshimasa and Azuma, Junichi: The syntactically ambiguous sentences and their prosodic features in Mandarin Chinese: acoustic and perceptual studies, The Bulletin of the Phonetic Society of Japan, 192: 22-28, 1989.

東淳一、津熊良政:近畿方言における統語的あいまい文の理解と韻律的特徴,平成元年度日本音声学会全国大会研究発表論集,34-41,1989.10.

津熊良政、東淳一:北京方言における統語的あいまい文の理解と韻律的特徴, 平成元年度日本音声学会全国大会研究発表論集,42-48, 1989.10.

Tsukuma, Yoshimasa and Azuma, Junichi: Prosodic features determining the comprehension of syntactically ambiguous sentence in Mandarin Chinese, Proceedings of 1990 International Conference on Spoken Language Processing, Kobe, 505-508, 1990.11.

Azuma, Junichi and Tsukuma, Yoshimasa: Prosodic features marking the major syntactic boundary of Japanese:A study on syntactically ambiguous sentences of the Kinki dialect, Proceedings of 1990 International Conference on Spoken Language Processing, Kobe, 453-455, 1990.11.

Tsukuma, Yoshimasa and Azuma, Junichi: The prosodic features of boundaries used in uttering telephone numbers in Mandarin Chinese,Japanese and English, Proceedings of the 12th International Congress of Phonetic Sciences 2, Aix-en-Provence, 258-261, 1991.8.

Azuma, Junichi and Tsukuma, Yoshimasa: Role of FO and pause in disambiguating syntactically ambiguous Japanese sentences, Proceedings of the 12th International Congress of Phonetic Sciences 3, Aix-en-Provence, 274-277, 1991.8.

河野俊之、東淳一:日本語(近畿方言)のフレージングとタイミング制御について,1995年(平成7年)度日本音声会全国大会予稿集,20-25, 1995.9.

Azuma, Junichi: Creating educational Web sites, IEEE Communications Magazine 37, 109-113, 1999.3.

Azuma, Junichi: Creating effective Web sites for foreign language education, International Symposium on Telemedicine and Teleeducation in Practice (ISTEP 2000) Proceedings, Kosice, 23-28, 2000.3.22.

東淳一:英語教育の自動化は可能か―ITの限界と影を直視する, コンピュータ&エデュケーション11(CIEC), コンピュータ利用教育学会, 21-29, 2001.11.30.

Nomura, Kazuhiro and Azuma, Junichi: Integration of sound media for maximum educational results in foreign language teaching, Proceedings of 3rd International Conference on Technology in Teaching and Learning in Higher Education, Heidelberg, 223-228, 2003.7.15

Azuma, Junichi: Creating meta-information database on online educational resources for English as a foreign language, Proceedings of the Third IASTED International Conference on WEB-BASED EDUCATION, Innsbruck, 531-534, 2004.2.16.

Azuma, Junichi: Establishing a better Web-based teaching environment for English as a foreign language using Hyperwave, Proceedings of the Fourth IASTED International Conference on WEB-BASED EDUCATION, Grindelwald, 673-678, 2005.2.21.

Azuma, Junichi: Need for Web-based metadata repository on online resources usable for language teaching, Microlearning: Emerging Concepts, Practices and Technologies (Proceedings of Microlearning Conference 2005): Learning & Working in New Media Environments, Innsbruck University Press, 131-139, 2006.2.

Azuma, Junichi: Creating “micro” exercises utilizing TTS (Text-To-Speech) technology: new horizons in foreign language teaching, Micromedia & e-Learning 2.0: Gaining the Big Picture (Proceedings of Microlearning Conference 2006), Innsbruck University Press, 198-211, 2006.6.

Azuma, Junichi and Maurer, Hermann: From emoticon to universal symbolic signs: can written language survive in cyberspace? Micromedia and Corporate Learning (Proceedings of the 3rd International Microlearning Conference 2007), Innsbruck University Press, 106-122, 2007.6.

Azuma, Junichi: Application of pictures and animation to language teaching in digital age, Phraseologie kontrastiv und didaktisch, Jesensek, V. and Fabcic, M. eds, Univerzitetna Knjiznica Maribor, Maribor, 71-81, 2007.6.

Azuma, Junichi: Applying TTS technology to foreign language teaching, Handbook of Research on Computer-Enhanced Language Acquisition and Learning, Zhang, F. and Barber, B. eds, IGI Global, Hershey, 497-506, 2008.2.

Azuma Junichi and Ebner, Martin: A Stylistic analysis of graphic emoticons: can they be candidates for a universal visual language of the future? Proceedings of ED-MEDIA 2008: World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications, Wien, 972-977, 2008.6.

水本篤、東淳一:大学授業における教員のメディア利用と授業評価の関係,日本教育工学会論文誌(ショートレター特集), 日本教育工学会, 17-20, 2008.12.

東淳一:TTS合成音声が広げる英語教育の可能性,第23回日本音声学会全国大会予稿集,93-98,2009.9.

東淳一:日本語の統語構造とタイミング制御についての考察,第24回日本音声学会全国大会予稿集, 149-154, 2010.10.10.

Mittermeir, Roland and Azuma, Junichi: A common language for a networked society? Vernetzung als soziales und technisches Paradigma, Greif H and Werner M eds, VS RESEARCH (Springer Fachmedien), Wiesbaden, 125-145, 2011.11.

Azuma, Junichi: Graphic Emoticons as a Future Universal Symbolic Language, Audiovisual Translation and Media Accessibility at the Crossroads, Ramael A, Orero P, Carrol M eds, Rodopi, Amsterdam, 62-84, 2012.

Koizumi, Rie, In’nami, Yo, Azuma, Junichi, Asano, Keiko, Agawa, Toshie and Eberl, Derek: Assessing L2 proficiency growth: Considering regression to the mean and the standard error of difference, Shiken 19.1, JALT Testing & Evaluation SIG, 3-15, 2015.4.

査読のない論文、総説等

安田雅美、南比左夫、山根繁、河野守夫、東淳一、沢村文雄、三宅胖:共通一次試験をめぐって, 語法研究と英語教育2, 山口書店, 74-126, 1979.10.

河野守夫、三宅胖、南比左夫、沢村文雄、東淳一:Listeningについて, 語法研究と英語教育3, 山口書店, 89-120, 1980.10.

河野守夫、南比左夫、山根繁、三宅胖、東淳一:プロソディとListening・Speaking, 語法研究と英語教育4, 山口書店, 94-120, 1981.10.

Azuma, Junichi: Interaction of speech rhythm and the rhythm of the speech-accompanying body movement:its effect on auditory comprehension, 修士論文:兵庫教育大学大学院学校教育研究科教科・領域教育専攻言語系コース, 全69ページ, 1981.12.

河野守夫、三宅胖、東淳一、平尾日出夫、山根繁、南比左夫:Speakingについて, 語法研究と英語教育5, 山口書店, 87-120, 1982.10.

東淳一、野村和宏、山根繁、南比左夫、沢村文雄、高橋正、梅田修:Speakingについて(2), 語法研究と英語教育6, 山口書店, 85-118, 1983.10.

東淳一:兵庫県高等学校英語ヒアリング・アビリテイ・メジャメントの分析, 兵庫県立鈴蘭台西高等学校英語科, 全18ページ, 1984.3.

門田修平、東淳一、野村和宏、山根繁、梅田修、Kolf D:Readingの見直しを, 語法研究と英語教育7, 山口書店, 89-120, 1984.12.

沢村文雄、東淳一:Listeningの指導,LISTENING & SPEAKING―新しい考え方,河野守夫、沢村文雄編, 山口書店,87-94, 1985.4.

東淳一、平尾日出夫:音声生成のメカニズム,LISTENING & SPEAKING―新しい考え方,河野守夫、沢村文雄編, 山口書店, 102-107, 1985.4.

東淳一、野村和宏、山根繁:ジェスチャーとSpeaking,LISTENING & SPEAKING―新しい考え方,河野守夫、沢村文雄編, 山口書店, 108-115, 1985.4.

東淳一:外国語教育近代化のための基礎研究のあり方について, 英語部会のあゆみ 6,22-33, 兵庫県高等学校教育研究会英語部会, 1985.6.

東淳一:日本語あいまい文の理解を決定する音響的因子―姫路方言の場合,音声言語 Ⅲ,17-28, 近畿音声言語研究会, 1989.4.

東淳一、野村和宏、井狩幸男, 河野守夫:話しことばを科学する-プロソディをめぐって(1), 語法研究と英語教育11, 山口書店, 94-123, 1989.10.

Tsukuma, Yoshimasa and Azuma, Junichi: Prosodic features determining the comprehension of syntactically ambiguous sentence in Mandarin Chinese, 統語構造と韻律的特徴―日・中比較研究, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 34-45, 1990.3.

Azuma, Junichi and Tsukuma, Yoshimasa: Prosodic features determining the comprehension of syntactically ambiguous Japanese sentence – In the case of the Kinki dialect, 統語構造と韻律的特徴―日・中比較研究, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 24-33, 1990.3.

東淳一、津熊良政:日本語の統語的あいまい文の理解を決定する韻律的特徴―近畿方言の場合, 統語構造と韻律的特徴―日・中比較研究, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 1-10, 1990.3.

津熊良政、東淳一:中国語における統語的あいまい文の理解と韻律的特徴―音響分析および知覚実験にもとづく研究, 統語構造と韻律的特徴―日・中比較研究, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 11-23, 1990.3.

東淳一、津熊良政:統語構造と韻律的特徴との関連について―近畿方言における統語的あいまい文の研究から, BEACON(賢明女子学院短期大学研究紀要)26, 31-44, 1991.3.

津熊良政、東淳一:統語構造と韻律的特徴との関連について―中国語における統語的あいまい文の研究から, BEACON(賢明女子学院短期大学研究紀要)26,45-60, 1991.3.

津熊良政、東淳一、孟子敏:漢語普通話結構岐義句―語義理解的韻律特徴. 立命館大学言語文化研究 3-3,113-128, 1992.1.

東淳一:FOの視察と聴覚印象に基づく日本語イントネーション表記の可能性について, 日本語アクセントとイントネーション, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 89-97, 1992.2.

東淳一:日本語の統語構造と韻律―統語的あいまい文の研究から, 言語8月号, 大修館書店, 46-49, 1992.6.

津熊良政、東淳一:中国人学習者を対象とした日本語音声学習テキストにおける韻律表記―FOの立て直しと統語構造の関係を中心に,立命館大学言語文化研究3-4,109-125, 1992.2.

東淳一、野村和宏:統語構造・情報構造と韻律的特徴―日英比較研究,1992年度日本音声学会全国大会研究発表論集, 22-27, 1992.10.

東淳一:日本語の韻律体系, 日本語音声の研究と日本語教育, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」国際シンポジウム実行委員会, 53-62, 1992.11.

東淳一:韻律の研究(文部省科学研究費補助金重点領域研究報告書), 賢明女子学院短期大学, 全88ページ, 1993.1.

東淳一、野村和宏:国際応用言語学会第10回世界大会に参加して,流通科学大学論集―人文・自然編6-2,143-149, 1994.3.

東淳一、吉田順一:農業と観光の共生をめざすアグリ・マーケティング―オーストリア「ブレゲンツの森」での試み,流通科学大学論集―流通・経営編7-2,159-168, 1995.3.

東淳一:音声録聞見データを利用した定量的韻律分析の試み,音声言語 V,77-88, 近畿音声言語研究会, 1995.12.

東淳一:日本語の統語構造とタイミング制御について,流通科学大学論集―人文・自然編8-2,85-97, 1996.3.

東淳一、佐藤善信:ネットワーク時代の消費生活,流通科学 14,流通科学大学, 3-12, 1997.3.

東淳一、野村和宏、対馬輝昭:HTMLによる語学教材作成の試み―擬似双方向通信による遠隔教育の実現を目指して―,流通科学大学論集―人文・自然編9-2,137-152, 1997.3.

東淳一:「音声録聞見」データを利用した定量的韻律分析手法の開発(文部省科学研究費・基盤研究(c)研究成果報告書),流通科学大学, 全68ページ, 1997.3.31.

東淳一:日本語の統語境界におけるFOとモーラ長のふるまいについて,文法と音声, 音声文法研究会編, くろしお出版, 東京, 21-44, 1997.5.23.

東淳一、野村和宏:Second World Conference of the WWW,Internet and Intranet (WebNet97)に参加して,流通科学大学論集―人文・自然編10-2,159-167, 1998.3.31.

東淳一、野村和宏:イントラネットに対応したHTMLによる語学教材作成の必要性, ことばの心理と学習, ことばの科学研究会編, 金星堂, 東京, 283-298, 1998.6.30.

東淳一:Webは知識移転としての教育に貢献できるのか, 流通科学大学論集―人文・自然編 12-3: 53-68, 2000.3.31.

東淳一:知識移転としての教育の実現にむけて,流通科学大学論集―人文・自然編12-3: 35-52, 2000.3.31.

東淳一:グリーン・ツーリズム先進国オーストリアに学ぶこと, 現代ツーリズム研究の諸相(神戸大学経済経営研究所研究叢書61), 小西康生、貴多野乃武次編, 169-190, 2003.2.28.

東淳一:英語学習に適したオンラインリソースに関するメタデータベース構築の試み― Hyperwaveの新たな活用例,流通科学大学論集人間・社会・自然編16-1, 21-34, 2003.7.31.

東淳一:LEADER+助成を受けたオーストリア・ヴァインフィアテル地域のグリーン・ツーリズムプロジェクトについて,ツーリズム研究会会誌 2, 神戸, 39-48, 2004.1.30.

東淳一:LEADER+助成を受けたEUのグリーン・ツーリズムプロジェクトの特徴 ―オーストリア・ヴァインフィアテル地域の場合―, 流通科学と市場の対話―白石善章教授退任記念論文集―, 流通科学大学, 109-124, 2004.3.31.

森斉丈、東淳一:欧州圏の言語政策:過去・現在・未来―多民族共存のために,流通科学大学論集―人間・社会・自然編17-1, 27-40, 2004.7.31.

東淳一:英語教育用コンテンツマネジメントシステムとしてのHyperwave,流通科学大学教育高度化推進センター紀要 1, 69-82, 2005.4.1.

東淳一:TTS合成音声の英語教育現場での活用研究,関西英語教育学会(KELES)第10回記念研究大会予稿集,159-164, 2006.

東淳一:CALL およびeLearning 環境でのTTS 英語合成音声の活用研究, 第46回外国語教育メディア学会全国研究大会発表論文集, 358-366, 2006.8.

東淳一、岩崎克己、清水康敬、尾関修治、藤田雅也:学習者の自律に果たす教員とメディアの役割,第46回外国語教育メディア学会全国研究大会発表論文集, 519-533, 2006.8.

東淳一:TTS合成音声で広がる外国語教育マルチメディア教材開発の新たな地平,流通科学大学教育高度化推進センター紀要第6号: 1-11,2010.

山本勝巳、東淳一、住政二郎:ブレンド型英語学習環境の構築と実践,流通科学大学論集―人間・社会・自然編24-2:33-37, 2012.

東淳一:日本語リズムの揺れと音楽演奏テンポの揺れ ―人のリズム活動に潜む機序を求めて―, 外国語教育メディア学会(LET) 関西支部メソドロジー研究部会2012年度報告論集,http://www.mizumot.com/method/2012-01_Azuma,1-13, 2013.3.31

Azuma, Junichi: Popularity of Emoji in Cyberspace: Is a New Age of Picture-centered Communication Coming Soon? Journal of Global Communication Studies, Society of Global Communication Studies of Kobe Gakuin University, 19-34, 2016.3.31.

Azuma, Junichi: Emoji in Cyberspace: Sign of a New Age of Picture-centered Communication? 応用言語学の最前線−言語教育の現在と未来−,金星堂,28-44, 2017.3.31.

東淳一、中嶋アンディー史人、中西のりこ、仁科恭徳、野口ジュディー津多江:英語教師が知っておきたいグローバル・コミュニケーション[1] 「グローバル・コミュニケーション学」とは何か,英語教育,67-7(2018年10月号),68-69,大修館書店.

東淳一:英語教師が知っておきたいグローバル・コミュニケーション[5] 絵文字が開くグローバル・コミュニケーション,英語教育,67-12(2019年2月号),68-69,大修館書店.

 

科学研究費補助金報告会(重点領域研究「日本語音声」)用の報告書

東淳一、津熊良政:統語構造と韻律的特徴―近畿方言によるあいまい文を素材として,「日本語音声」研究報告1, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 31-32, 1989.10.

東淳一、津熊良政:統語的あいまい文の理解を決定する韻律的要因―日・中比較研究,「日本語音声」研究報告2, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 112-114, 1990.1.

東淳一、津熊良政:統語的あいまい性と韻律的特徴―日中比較,「日本語音声」研究報告3, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 121-124, 1990.10.

東淳一、津熊良政:統語的あいまい文の理解を決定する韻律的要因―日・中比較研究,「日本語音声」研究報告4, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 124-129, 1991.1.

東淳一、津熊良政:中国人学習者が発話した日本語の韻律上の問題点,「日本語音声」 研究報告5, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 128-131, 1991.10.

東淳一、津熊良政:統語的あいまい文の理解を決定する韻律的要因―日・中比較研究,「日本語音声」研究報告6, 文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」総括班, 145-150, 1992.1.

学会発表、学会発表要旨、短編記事等

Azuma, Junichi: Teaching prosody by means of nursery rhymes. Paper presented at The Second International Conference on the Teaching of Spoken English, Leeds, 1979.8.

Azuma, Junichi, Nomura, Kazuhiro and Shigeru, Yamane: The visual effect of the speaker’s gestures on auditory comprehension, Proceedings of FLEAT Conference-Final Reports (LLA), 83-84, 1981.11.

Azuma, Junichi and Nomura, Kazuhiro: The effect of the speaker’s speech-accompanying body movement on auditory comprehension of English as a foreign language, A Guidebook for The Fourth World Congress of Phoneticians, Kobe, 105, 1983.8.

東淳一:客観式聴解テストの問題点―兵庫県高等学校英語ヒアリング・アビリテイ・メジャメントの分析をめぐって,LLA第25回全国研究大会,1985.7.

東淳一、津熊良政:統語的あいまい文の理解においてF0とポーズが果たす役割―近畿方言を素材として,日本音声学会第279回研究例会,1989.6.

東淳一、津熊良政:統語的あいまい文の意味の明示化に関与するプロソディ特徴―音響分析による日英比較, 語学ラボラトリー学会(LLA)第29回全国研究大会発表要項, 47-48, 1989.8.

東淳一、津熊良政:音声産出のプログラミング過程におけるプロソディの位置づけ(日英比較研究), 大学英語教育学会(JACET)1989年度(第28回)全国大会発表要綱, 57-58, 1989.9.

Nomura, Kazuhiro and Azuma, Junichi: Prosodic features concerning elucidation of semantically-stressed word and syntactic boundaries in English and Japanese, Program Book of 10th World Congress of the InternationalAssociation of Applied Linguistics, Amsterdam, 119, 1993.8.

Azuma, Junichi and Nomura, Kazuhiro: Syntactic structure and prosodic features: a comparative study of English and Japanese, Program Book of 10th World Congress of the International Association of Applied Linguistics, Amsterdam, 471, 1993.8.

東淳一:個人輸入の実践とパソコン通信データの利用を通じたREADING指導の試み,LLA(語学ラボラトリー学会)第35回全国研究大会発表要綱,136-139, 1995.7.1.

東淳一:流通科学大学商学部における英語速読指導の試み,平成7年度大学英語教育学会(JACET)全国大会JACET要綱, 214-217, 1995.9.1.

東淳一:日本語の韻律表記をどうするか? 音声言語 V, 91-92, 近畿音声言語研究会, 1995.12.

Azuma, Junichi: Recent trends in agri-tourism in Japan and Austria: need for knowledge based marketing strategies, Book of Abstracts, 3rd Recent Advances in Retailing and Services Sciences Conference, Telfs, 11, 1996.6.

東淳一、野村和宏:Web用ブラウザを利用したAppleTalk環境でのヒアリング教材開発の試み,語学ラボラトリー学会(LET)第36回全国研究大会発表要項,100-101, 1996.7.31.

野村和宏、東淳一:語学教育におけるMD(ミニディスク)-3年間の実践と今後の展望ー,語学ラボラトリー学会(LET)第36回全国研究大会発表要項,31-32, 1996.7.31.

Azuma, Junichi and Nomura, Kazuhiro: Development of simple campus intranet courseware of English as a foreign language for Japanese students, Proceedings of WebNet97, World Coference of the WWW,Internet and Intranet, Toronto, 591-592, 1997.11.1.

Azuma, Junichi: New trends of internet advertising in Japan: mailing-list as a medium of advertisement, Book of Abstracts, 7th Recent Advances in Retailing and Services Sciences Conference, Sintra, 11, 2000.6.

Azuma, Junichi: Need for intelligent Web server with powerful authoring functions: no more stress on Web authors, Proceedings of ED-MEDIA 2001 World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications, Tampere, 77-78, 2001.6.25.

東淳一、野村和宏:ITの副産物を授業に活かす,外国語教育メディア学会(LET)第41回全国研究大会発表論文集,162-165, 2001.8.4.

東淳一、野村和宏:インターネット上の英語学習素材に関するメタデータベース構築の研究,平成15年度大学情報化全国大会(社団法人私立大学情報教育協会),118-119, 2003.9.10.

東淳一、林良子、小西智子:フリーウェア音声分析ツール”WaveSurfer”を利用した音声対照研究の可能性―ドイツ語と英語のリズム構造比較を例に,外国語教育メディア学会(LET)第45回全国研究大会・総会発表要項,130-131, 2005.7.31.

Azuma, Junichi: TTS technology and foreign language teaching: innovations in teaching material creation, Invited Plenary Lecture for AsiaCALL 2006 World Conference, Universiti Putra Malaysia, 2006.11.

東淳一:デジタル時代における外国語教育視覚教材のあり方を考える―理論的考察,関西英語教育学会 (KELES)第11回研究大会プログラム,2007.5.27.

Azuma, Junichi: The possibility of implementing a computer-mediated universal symbolic language: hints from sign language and graphic emoticons, Paper presented at SACS ’07: Significant Advances in Computer Science, Graz, http://www.cs.tugraz.at/cs/en/sacs/programme/vortraege/azuma_junichi.html, 2007.11.6.

Azuma, Junichi: Reconsidering visual teaching materials in the digital age, WorldCALL 2008 Program, Fukuoka, 80, 2008.8.7.

Azuma, Junichi, Harashima, Hideto and Lee, Chew: TTS (Text-To-Speech) technology for language teaching (Symposium), WorldCALL 2008 Program, Fukuoka, 42, 2008.8.7.

東淳一:LMS、SNS 環境でのTTS 合成音の活用:動画素材中の音声クリップでの利用も含めて,第49回外国語教育メディア学会全国研究大会発表要項集,58-59,2009.8.5.

Azuma, Junichi: Graphic emoticons as candidates for a universal visual language of the future, 3rd International Conference “Media for All” Programme & Abstracts, Antwerp, 45, 2009.10.23.

Azuma, Junichi: A quantitative evaluation of the quality of Text-To-Speech (TTS) engines: toward the application of TTS technology to TEFL, Language Education and Technology (LET 50) Conference Proceedings, Yokohama, 232-233, 2010.8.5.

東淳一:音声合成技術を援用したWeb-baseの必修英語科目共通教材作成の試み, 平成22年度教育改革ICT戦略大会予稿集, 社団法人私立大学情報教育協会, 200-201, 2010.9.3.

山本勝巳、東淳一、住政二郎:TTSを利用したMoodle用教材の作成について,The 3rd MoodleMoot Japan 2011-Kochi, 高知工科大学,2011.2.22.

Seijiro Sumi, Katsumi Yamamoto and Azuma, Junichi: Application of Access and Network Analysis to Moodle-based Blended Learning for English as a Foreign Language, The 3rd MoodleMoot Japan 2011-Kochi, 高知工科大学,2011.2.23.

Azuma, Junichi: Universal Symbolic Language for Disaster Alerting/Warning: Overcoming the Translation Barrier of Conventional Languages, PROGRAMME & ABSTRACTS 4th International Conference Media for All, 221, 2011.6.28.

東淳一、山本勝巳:英語による災害情報発信の重要性と英語教育の関わりについて、外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国 大会発表要項、66-67、2011.8.6.

山本勝巳、東淳一:TTSを利用した音声評価システムによる自律的発音教育の実践について、外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011 年度)全国大会発表要項、110-111、 2011.8.6.

山本勝巳、住政二郎、東淳一:必修英語共通教材の開発とブレンド型外国語学習環境の構築、平成23年度ICT利用による教育改善研究発表会予稿集、社団法人私立大学情報教育協会、38-39、2011. 8.10.

東淳一、住政二郎、山本勝巳:テキスト音声合成(TTS)技術を利用したオンライン英語教材の開発、2011年日本教育工学会第27回全国大会講演論文集、743-744、 2011.9.17.

東淳一:防災情報伝達のためのユニバーサルシンボル言語の研究、HCGシンポジウム2011論文集、社団法人電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ、166-169、2011.12.7.

東淳一:日本語の統語構造と発話のタイミング制御について,日本音響学会2012年春季研究発表会講演論文集,1-11-10,2012.3.6.

Azuma, Junichi: Necessity of Universal Symbolic Language for Disaster Alert and Warning, 13th International Conference on Language and Social Psychology, WTC Leeuwarden, Leeuwarden, 2012.6.21.

Azuma, Junichi: Timing Control of Japanese Speech and Temporal Fluctuation of Musical Performance, 13th International Conference on Language and Social Psychology, WTC Leeuwarden, Leeuwarden, 2012.6.22.

東淳一:Ustreamで教育活動や研究活動をライブ配信しよう、外国語教育メディア学会第52回全国研究大会(依頼によるワークショップ講師)、2012.8.7.

Azuma, Junichi : Temporal Fluctuation of Japanese Speech and Music Performance: Pursuit of General Principle Underlying the Control of Human Rhythmic Performance, 11th International Conference on New Directions in the Humanities, Eötvös Loránd University, Budapest, 2013.6.19.

山下巌、東淳一、横島啓子:動画共有サービスとソーシャルメディアを組み合わせた学習者中心の参加型遠隔授業の試み、2013年度外国語教育メディア学会全国研究大会、2013.8.9.

Yamashita, Iwao and Azuma, Junichi: Combined Use of Ustream and Twitter to Realise Learner-Centred Remote Teaching Connecting Separate Campuses, EUROCALL 2013, University of Evora, Portugal, 2013.9.14.

Azuma, Junichi: Development of Universal Symbolic Language for Disaster Alert and Warning: Overcoming the Multi-lingual Translation Costs, Interpreting Studies at the Crossroads of Disciplines, University of Maribor Faculty of Arts, 2013.10.25.

東淳一:順天堂大学医学部における英語教育改革の取り組みと成果、2014年度外国語教育メディア学会全国研究大会発表要項、40-41. 2014.8.5.

東淳一:SRT形式の字幕編集を活かしたダイナミックな動画教材の作成、2015年度外国語教育メディア学会全国研究大会、2015.8.6.

Azuma, Junichi: Use of Emoji (graphical emoticons) in SNS communication among young Japanese people, 8th International Conference on Youth Language 2016, University of Graz, 2016.5.26.

金丸敏幸、東淳一、山下仁司:人工知能によるスピーキングの自律学習支援と自動評価の可能性(公募シンポジウム)、2017年度外国語教育メディア学会全国研究大会、2017.8.6.

東淳一:日本人学習者の英語イントネーションの定量分析、2017年度外国語教育メディア学会全国研究大会、2017.8.7.

東淳一:最新TTS合成音声の外国語教育現場での活用、2018年度外国語教育メディア学会全国研究大会、2018.8.9.

Azuma, Junichi: Quantitative Analysis of English Intonation of Japanese EFL Learners, ELL Seminars and Talks, National Institute of Education, Nanyang Technological University, 2019. 1. 23.

Azuma, Junichi: Application of Cloud-based Text-to-Speech Service to Teaching of English as a Second Language, LINGUASCAPE 2019 IN CAMBRIDGE, Cambridge University Press, 2019.7.10.

Azuma, Junichi: Application of Cloud-Based Text-to-Speech Technology in Second Language Teaching, FLEAT (Foreign Language Education and Technology) VII, Waseda University, 2019.8.9.

東淳一:英語音声教育におけるTTS合成音声の活用とその問題点,2019年(令和元年)度第33回日本音声学会全国大会予稿集,44-49,2019.9.28.

学会支部大会、部会や小規模研究会等での発表、依頼による講演等

東淳一:Registerと音声特徴―プロソディ分析,六甲英語学研究会例会,1977.11.

Azuma, Junichi, Kazuhiro Nomura and Shigeru Yamane: Relationships between Prosody and Kinesic Stresses and their Effects on Auditory Comprehension,六甲英語学研究会例会,1981.6.

東淳一:BASICによるプログラミングの基礎と教育統計処理,六甲英語学研究会例会, 1982.12.

東淳一:兵庫県高等学校教育研究会英語部会作成の英語アチーブメントテストの分析,六甲英語学研究会例会,1983.4.

Azuma, Junichi: Syntactic Disambiguation by Segmental Lengthening,六甲英語学研究会例会,1983.10.

東淳一:音節持続時間の引き伸ばしによる統語構造の明示化―コンピュータにより合成された二義性を持つ日本語文および数式の理解をめぐって,近畿音声言語研究会第1回研究発表会,1984.1.

東淳一:高等学校英語アチーブメントテスト(新2年生用)の分析,六甲英語学研究会例会,1987.5.

東淳一:改良された英語アチーブメントテストの分析,兵庫県高等学校教育研究会英語部会昭和62年度研究大会,1988.2.

東淳一:アチーブメントテストの分析(2)―新テストの信頼性と項目分析,六甲英語学研究会例会,1988.3.

東淳一:日本語あいまい文の理解に関与するプロソディ特徴,六甲英語学研究会例会,1989.1.

東淳一:統語的あいまい文の理解と韻律的特徴(近畿方言の場合),第17回近畿音声言語研究会,1989.4.

東淳一、津熊良政:統語的あいまい文の韻律的特徴―音響分析による日・中比較研究,第18回近畿音声言語研究会,1989.9.

東淳一、津熊良政:統語構造と韻律的特徴―日・中・英比較研究,六甲英語学研究会「ことばの科学研究部会」例会,1989.11.

東淳一:低起式アクセントをもつ語句の連鎖のF0の考察,近畿音声言語研究会月例会,1991.3.

東淳一:日本語イントネーション表記法試案,六甲英語学研究会「ことばの科学研究部会」例会,1991.4.

東淳一:日本語イントネーション表記法の可能性,近畿音声言語研究会月例会,1991.5.

東淳一:英語および日本語の韻律表記に関する考察,日本音声学会第283回研究例会, 1991.6.

東淳一:英語と日本語のイントネーション表記,文部省科学研究費補助金重点領域研究「日本語音声」平成3年度中問発表会シンポジウム「アクセントからイントネーションへ」, 1991.10.

東淳一:外国人学習者のための日本語韻律表記法試案―中国人学習者の日本語発話の音声分析に基づいて,六甲英語学研究会「ことばの科学研究部会」例会,1991.12.

東淳一:コンピュータ通信入門(1),六甲英語学研究会「ことばの科学研究部会」例会, 1992.3.

東淳一:日本語および英語の韻律体系,六甲英語学研究会夏季総会,1992.7.

東淳一:統語構造はいかに韻律を制御するか―日英比較研究,平成6年度語学ラボラトリー学会春季関西支部研究大会,1994.6.1.

東淳一:ヨーロッパ(ドイツ語圏)の文化とマーケティング―地域振興としての『観光』の視点から,大阪地区ライオンズクラブ3クラブ合同例会(依頼による講演),1997.4.22.

東淳一:本格的なネットワーク時代の到来と外国語教育,甲南大学第4回言語教授法・カリキュラム開発研究会(依頼による講演),1997.10.18.

東淳一、Maurer, Hermann:外国語教育におけるWeb-Serverの導入と活用:Hyperwave Information Serverの魅力,1998年度語学ラボラトリー学会関西支部春季研究大会(依頼による講演),1998.5.30.

Azuma, Junichi: Difference of Agri-tourisum Centered Regional Development Projects between Japan and Austria, Intitut fuer Technologie und Warenwirtschaftslehre,Wirtschaftsuniversitaet Wien(依頼による講演),1998.12.9.

Azuma, Junichi: New Directions in the Internet Advertising:Trends in Japan, Institut fuer Absatzwirtschaft:Werbewissenschaft und Marktforschung,Wirtschaftsuniversitaet Wien(依頼による講演),1998.12.10.

Azuma, Junichi: Problem of Web-based Education, Institut fuer Technologie und Warenwirtschaftslehre,Wirtschaftsuniversitaet Wien(依頼による講演),1998.12.16.

Azuma, Junichi: Are We Really Creating Educational Web Sites? Institute fuer Informationsverarbeitung und Computergestutzte neue Medien, Technische Universitaet Graz(依頼による講演),1999.5.1.

Azuma, Junichi: Trends der Fernsehwerbung in Japan, Institut fuer Absatzwirtschaft:Werbewissenschaft und Marktforschung,Wirtschaftsuniversitaet Wien(依頼による講演),1999.6.1.

東淳一:先進メディアは『知識処理』時代の教育に貢献できるか,外国語教育メディア学会関西支部春季研究大会(依頼による講演:帰朝報告),2000.5.1.

東淳一:癒しの休暇―グリーン・ツーリズムの必要性について,流通科学大学公開講座『ニッポン最新事情』シリーズで(依頼による講演),2000.10.1.

東淳一:私たちは本当にWebsiteを「作って」いるのか? 近畿中高大英語教育連絡協議会(依頼による講演),2000.11.23.

東淳一:オーストリアのグリーン・ツーリズムプロジェクトに学ぶこと,神戸大学経済経営研究所RIEBセミナー,2000.11.25.

東淳一:ITの『おこぼれ』を英語教育に活用する―授業や自己研修に利用するためのアイデア集,LET関西支部授業研究部会・英語の教え方研究会1月例会(依頼による講演),2001.1.13.

東淳一:ESPとしての大学英語教育の可能性について,LET関西支部2001年度春季研究大会,2001.4.29.

東淳一:新しいデジタルメディアの授業での活用法:ネットワークなしでここまでできるマルチメディア・プレゼンテーション,外国語教育メディア学会関西支部大学授業研究部会・中学高校授業研究部会主催「マルチメディア・セミナー」,2001.11.10.

東淳一:古典的テスト理論によるテスト分析手法とその限界,外国語教育メディア学会関西支部・大学授業研究部会研究例会,2002.3.23.

東淳一:大学教授でいる方法:あなたの商品開発、品質管理、CS対策は万全ですか,外国語教育メディア学会関西支部 2002(平成14)年度春季研究大会シンポジウム(野村和宏氏、青木幹生氏とともにシンポジウム提案者の1人として),2002.5.26.

東淳一:Excelで単語学習、PowerPoint で速読練習―有名ソフトをひねって使う,外国語教育メディア学会関西支部・大学授業研究部会研究例会,2002.11.2.

東淳一:フリーソフトでMP3 ファイルをそのまま編集―IT 時代のリスニング教材簡単作成法,外国語教育メディア学会関西支部・大学授業研究部会研究例会,2002.11.2.

東淳一、野村和宏:Hyperwaveを利用したオンライン英語学習素材のメタデータベース構築の試み, 外国語教育メディア学会・関西支部2003年度春季研究大会,2003.5.31.

東淳一:EUにおける域内教育交流プログラムと外国語教育政策について:その思想を日本の外国語教育でいかに活用するか,外国語教育メディア学会関西支部・大学授業研究部会研究例会,2003.7.5.

Azuma,Junichi: MIRACLE of Asian Languages: Chinese,Japanese and Tompa, Institute fuer Informationsverarbeitung und Computergestutzte neue Medien, Technische Universitaet Graz(依頼による講演),2003.7.10.

Azuma,Junichi: Role of English Teachers in a Transnational Age,兵庫県高等学校英語教員集中研修(英語が使える人材育成のための教員研修での依頼による基調講演), 2003.8.4.

東淳一:英語教育・英語学習に適したオンラインリソースに関するメタデータ整備の必要性,外国語教育メディア学会関西支部・大学授業研究部会研究例会,2004.5.29.

東淳一:Hyperwave最新バージョンの教育活動への応用の可能性,外国語教育メディア学会関西支部・大学授業研究部会研究例会,2004.11.20.

Junichi, Azuma: What we can learn from the results of LEADER PLUS projects in EU countries for urban and rural development in Japan,The 8th Asian Urbanization Conference(神戸、流通科学大学), 2005.8.21.

東淳一:Text-To-Speechによる合成音声を英語教育現場に活用する―教室での利用からMoodleを使ったeLearningシーンでの利用まで,外国語教育メディア学会関西支部・大学授業研究部会研究例会,2005.11.19.

東淳一:英語の授業にTTS 音声合成技術を活かす,LET & KELES 英語教育合同セミナー(Workshop招待講師),2006.1.8.

東淳一:デジカメの動画撮影機能とWindowsムービーメーカーを使ったビデオ素材作成法,外国語教育メディア学会関西支部大学授業研究部会,2007.2.

東淳一:TTS 合成音声活用ワークショップ,外国語教育メディア学会関西支部2007年度春季研究大会(招待によるワークショップ講師),2007.5.12.

東淳一:ESP教材はインターネットから無料で入手しよう,外国語教育メディア学会関西支部大学授業研究部会研究例会,2007.6.9.

東淳一:外国語教育におけるビジュアル教材再考: CLTがもたらした幻想と教育メディアの深刻な誤用,外国語教育メディア学会関西支部大学授業研究部会研究例会,2007.12.15.

東淳一:デジカメの動画機能とWindows ムービーメーカーを使った動画教材作成法,外国語教育メディア学会関西支部2009年度春季研究大会(依頼によるワークショップ講師), 2009.5.16.

東淳一:日本語リズムの揺れと音楽演奏テンポの揺れー人のリズム活動に潜む機序を求めて,外国語教育メディア学会関西支部メソドロジー研究会/言語テスティング・第二言語習得合同勉強会,流通科学大学東京オフィス,2012.11.10.

東淳一:日本語の発話タイミングの揺れに関する考察,近畿音声言語研究会月例研究会,西宮市大学交流センター,2013.2.2.

東淳一:Kindle とWeblio がひらく語彙学習の新しいスタイル,外国語教育メディア学会(LET)関西支部2013年度春季研究大会,同志社女子大学今出川キャンパス,2013.5.11.

東淳一:英語および日本語のリズムの違いと共通点:音声教育への示唆とともに,外国語教育メディア学会(LET)関西支部2013年度秋季研究大会,関西大学千里山キャンパス,2013.10.12.

東淳一:質問紙調査による回答の揺れといわゆる量的研究の危うさ,外国語教育メディア学会(LET)関西支部2014年度春季研究大会,ノートルダム清心女子大学,2014.5.17.

東淳一:統語構造は言語リズムを規定するか:英語および日本語の考察,2014年度大学英語教育学会(JACET)関西支部春季大会,大阪薬科大学,2014.6.14.

東淳一:質問紙調査にもとづいた量的研究は信頼できるのか,外国語教育メディア学会(LET)関西支部メソドロジー研究会2014年度第1回研究会,関西大学,2014.7.12.

東淳一:TED Talkなど動画の字幕ファイルの編集を動画教材作成に活用する方法,外国語教育メディア学会(LET)関西支部2014年度秋季研究大会,同志社女子大学,2014.10.11.

東淳一:Linguistic Features of Emoji Used in SNS Communication,外国語教育メディア学会(LET)関西支部メソドロジー研究会2015年度第2回研究会,広島修道大学,2015.9.20.

東淳一:外国語教育とビジュアル教材−過去,現在,そして近未来,外国語教育メディア学会(LET)関東支部第135回(2015年度秋季)研究大会(依頼による講演),早稲田大学,2015.11.28.

東淳一:日本人学習者の英語イントネーション再考,外国語教育メディア学会(LET)関西支部2016年度秋季研究大会,同志社女子大学(今出川キャンパス),2016.10.8.

東淳一:AIボットでアウトプットトレーニングを!,外国語教育メディア学会(LET)関西支部2017年度秋季研究大会,流通科学大学,2017.10.14.

秋野公造、東淳一、溝口偦:TTS合成音声の英語教育への利用の提案−工学研究・福祉事業・英語教育の出会い,神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部学術講演会,2017.10.7.

東淳一、中西のりこ:合成音声(Text-to-Speech)・音声認識(Speech-to-Text)ソフトの英語教育への活用,第15回ATEM西日本支部大会(依頼による),大阪工業大学梅田キャンパス,2018.3.3.

東淳一:4技能英語資格試験はどうなる?,神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部FD講演会,神戸学院大学,2018.6.9.

東淳一:英語の韻律の指導について,神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部ワークショップ第1部講演,神戸学院大学,2019.3.2.

東淳一:英語(再)学習をサポートする魔法のITツールたち,第78回神戸学院大学土曜公開講座講演,神戸学院大学,2019.10.19.

東淳一:外国語教育を支える先進メディア−過去・現在・未来,最近のe-learning支援教育に関する特別講演会(依頼による基調講演),福井大学工学部・工学研究科e-learning導入WG,2019.12.20.

その他社会的貢献等

日下部徳次、安藤昭一、河野守夫、東淳一他:ニューホライズン英和辞典・ジュニア版、東京書籍、1980.2.

河野守夫、澤村文雄、児玉徳美、黒谷晴美、東淳一、野村陽子、Nord, James R.:English 1980’s 1 (文部省検定済高等学校英語Ⅰ教科書)、大阪教育図書1982.3.

Szasz, Suzanne、Heinz Stefan Herzka著、東淳一 、辻井正、荒井征子訳:図説子どもの発達と障害4巻、同朋舎出版、全295ページ、1983.12.(Heinz Stefan Herzka,Das Kind von der Geburt bis zur Schule,Schwabe & Co.を辻井正,と荒井征子が、Suzanne Szasz,The Body Language of Children,Nortonを東淳一が日本語に翻訳し合本としたもの)

Szasz, Suzanne著、東淳一訳:子どものボディーランゲージ、 同朋舎出版、全169ページ、1987.9.(前出の『図説子どもの発達と障害4巻』のうち、好評であったSzaszのThe Body Language of Children部分のみが独立した訳書として出版されたもの)

田中雅博(兼監修)、東淳一、竹田園、市川郁子:21世紀の情報英語、講談社サイエンティフィク(情報科学系大学生向ESPテキスト)2004.3.

東淳一:絵文字,グローバル・コミュニケーション学入門(中西のりこ,仁科恭徳編著),28-41,三省堂,2018.5.

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。